囚人と前後史曲 粛清モラトリアム

『囚人と紙飛行機』X『カタストロフの夢』前後譚ついに開幕!

《英雄》よ、世界を殲滅せよ。

スディペイド収容所の外の世界では一体何がおこったのか!?
『カタストロフの夢』から4年。壮絶な最期を迎えた彼らの物語は未だ続いていた。
新天地キルヒシュナイゼンを舞台に、物語は『囚人と紙飛行機』に向けて再び動き出す……。

Illustration by 碧風羽

2016年6月1日発売

PHP研究所 定価:本体1,200円(税別)

『囚人と紙飛行機』とは?

猫ロ眠@囚人Pのボカロ曲『囚人』『紙飛行機』を基に執筆されたノベルシリーズ。スディペイド収容所に収容された少年「420番」と、スディペイド病院に入院する少女「ルリ」。2人の運命的な出会いと、彼らを繋げた紙飛行機。悲劇的な恋物語は周囲の人々を巻き込み、壮絶なる結末を迎えた。——時代は過去へ遡る。2人にもっとも近い位置で、物語の鍵を握っていた男、カイムラル・フラグ。収容所副所長であり、少女「ルリ」の“兄”という立場であった彼の本当の姿が描かれる。

『カタストロフの夢』とは?

KADOKAWAよりリリースされた猫ロ眠@囚人Pによるオリジナルノベルシリーズ、及び同ノベルゲーム。『囚人と紙飛行機』の原点となる悲劇の物語で、『囚人と前後史曲』へと繋がるシリーズである。世界大戦において帝國を勝利へと導いた《英雄》の息子・リックスは、兄や幼馴染みのリルたちと平穏な暮しを送っていた。だがその平穏は、裏切りと擦れ違いに満ちた仮初の幸せだった……。仲良し幼馴染4人の、歯車が狂いだす——その先に、どんな結末が待ち受けているとも知らず。